購入するよりも賃貸マンションを借りる|気軽に引っ越せます

インテリア

丈夫な構造

案内

賃貸で家を探すとき、最近は多くの人がインターネットを利用します。各不動産会社のホームページにはいろいろな物件の情報が載せてあり、店舗に行かなくてもそこから気になる物件を探すことができるのです。物件に関していろいろな情報が書かれている中で、RC住宅という言葉も出てくるでしょう。これは、建物の構造の部分に記載されています。建物の構造は大きく分けて3つに分けることができるのです。まず1つ目が木造住宅です。その名の通り木造で作られていて日本でも昔から親しまれている木造建築です。とくに木造で多く作られているのがアパートです。2つ目によく見られる構造が鉄骨造の住宅です。木造よりもしっかりしている鉄骨造の建物も賃貸でよく扱われています。最後がRC住宅です。これは鉄筋コンクリート造の住宅の略です。3つの構造のうち一番耐久性のある建物を作ることができるといわれているのが鉄筋コンクリートです。そのため、RC住宅の多くは高いビルやマンションとなっています。RC住宅は強度が高いため大震災のときに被害が少ないといわれています。もう一つ特徴があります。それは耐火性能がいいということです。火災が起きた場合、木造の家だとすぐに火が燃え移ってしまうでしょう。しかし、RC住宅は主にコンクリートで作られており燃えにくいのです。コンクリートは音のエネルギーを遮断する力があります。そのため、RC住宅は遮音性にも優れているのです。隣近所の話し声を気にすることなく快適に生活できます。